プロペシアという医薬品について

プロペシアという医薬品について

プロペシアという医薬品について

男性型脱毛症で頭髪が薄毛である場合は、プロペシアの服用が非常に有効です。
このプロペシアはアメリカのメルク社が製造している医薬品であり、一般名ではフィナステリドといわれています。
この治療薬は世界中の国で承認されており、医者が処方してくれる男性型脱毛症の内服薬として世界で初めて登場することになりました。
国内でも日本の製薬会社がプロペシアの臨床試験をかなり昔からおこなっており、臨床試験のあとに厚生労働省へ承認申請をして、国内でも医薬品の販売が開始されました。
医薬品には0.2mgタイプと1mgタイプの2種類がありますが、その人の症状に合わせて医薬品を使い分けていきます。
有効成分はフィナステリドであり、このフィナステリドが5α還元酵素を阻害して薄毛の改善に繋げていくのです。
また男性型脱毛症対策だけでなく、前立腺肥大の治療として薬を使用されることもあります。
そして男性型脱毛症の原因はジヒドロテストステロンという物質ですが、頭髪の脱毛部分を見てみると、多くのジヒドロテストステロンがあることを確認することが出来ます。
このジヒドロテストステロンは5α還元酵素によって男性ホルモンが変換されて作られるわけですが、このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と合体することによって、健康的な髪が休止期や退行期になってしまうのです。
そうなってしまうと細い毛が増えたり抜け毛が多くなって、最終的には頭髪が薄くなってしまいます。
このような事態にならないためにも、プロペシアを飲んで男性型脱毛症対策をすることが大事であり、医薬品を飲めばジヒドロテストステロンを作るために必要な5α還元酵素を抑えるので、ジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれます。
この医薬品を飲めば髪の成長期が長くなるので髪の毛にコシがでたり、休止期の状態で成長していなかった毛髪を成長させることが出来ます。
そしてジヒドロテストステロンが人体へ与える役割は幼少期と思春期ではだいぶ違います。
幼少期だとジヒドロテストステロンの影響によってペニスを正常化される大切な働きをしてくれるのですが、思春期を過ぎたあたりのジヒドロテストステロンが与える体の影響は男性型脱毛症やニキビ、前立腺肥大などの症状を引き起こしてしまうのです。
そのため体に悪い症状を引き起こさないためにも医薬品の服用が大事であり、医薬品を1年間だけ投与するだけでも半分以上の方が改善効果をあらわすことが出来たため、効果の高い医薬品であることが分かります。
また、この結果は男性型脱毛症である心身ともに健康な20代から40代までをターゲットにした調査であり、それ以外の50代や60代の方が医薬品を使っても、同じ期待値を得ることは難しいので気をつけてください。

しかし高齢によって効果の期待値が下がってしまっても、プロペシアは男性型脱毛症を治療する治療薬として非常に優れた薬です。
この薬は長期にわたって使い続けることが大事であり、そうすれば薄毛を改善することが出来ます。